キュアペット口コミブログ

愛犬のあくびや舐められると生臭い口臭や息の臭さなどで悩んでいませんか?その原因と解決策!!

ペットライフ

愛犬の歯や口臭や口腔ケア対策アイテムは歯ブラシが一番効果あり?

投稿日:2018年10月26日 更新日:

女性(25歳)

犬の口の匂いに対して私は特に気にしたことがないですが、歯を毎日のように磨かないので黒く黄ばんできて、ぺろぺろ私たちの顔をなめると少し匂いがするときがありました。

でもそんなに激臭とか人間のような歯を磨いていない人のようなにおいはしないため、私は我慢をできましたし先ほどもいったように、そんなに気にすることは無かったです。他の友達の犬だって口の匂いに関して気にしたことがありません。

でも犬の中でもひげが長い、口の周りの毛が長い犬などは例えばミルクなどを飲ませたときや何か味のあるようなスープを飲ませたときに感じることがあります。

それを吹かないで放置をしておく方もいらっしゃると思いますがそこから匂いがするのか口から匂いがするのかがわかりませんが、すごく気になることはあります。

匂いも腐ったような匂いがしたりするのでそういう時に犬の歯ブラシで磨いてみたりしました。” “私は犬を4匹ほど飼っていました。

私の愛犬たちの口臭対策や口腔ケアについてはほぼペットショップで売ってるものを試しました。病院などに行ってみてもらうことは特になかったです。ペットショップにいかれるとわかりますが、たくさんの口臭対策や口腔ケアのアイテムが売られております。

私がよく購入していたものはガムです。緑色のような色をした食べて歯や口臭や口腔ケア対策が出来るアイテムでした。私の愛犬で試した結果あまり好んで食べてくれる愛犬はいなかったので他の犬用のお菓子のガムと何かが違うんだなって思いました。でも一、二回では効き目がないのでこれを月に何度か試すのがおすすめだと思いました。

私の愛犬は三回程試しましたが変化が見られなかったです。でも断続が必要なんだと実感しました。またわたしは愛犬に先ほども言いましたが犬用の歯ブラシを使って月に一回ほど歯磨きを行っていましたが私の愛犬はすごく嫌がって磨く事が出来なかったです。

あとはキュアペットを試してみたのですが、こういったサプリメントをうまく活用することもすごく大切だと思います。おかげでうちの犬の口臭問題も解決することができました。キュアペットには本当に感謝しております。

愛犬の口の臭いは意外と気になりません。

男性(30歳)

犬を飼う前は舐められるのも少し抵抗があり、口の周りを舐められるなんて絶対に嫌だと思ってました。でも実際に飼ってみると可愛くてそんなこと微塵も思いません。多少臭くても可愛くて許してしまいます。臭いと言っても食べているエサの臭いです。

一度だけエサを変えてるのですが、変える前の最初に食べさせていたドッグフードの時は今より口の臭いはキツかったように思います。しかし、昔と変わらず自分の犬以外に舐められるのは嫌ですね。正直臭いと感じてしまうことも多々あります。

うちはまだ子犬なのでこれから口臭について気になっていくのかもしれないなと思っています。今でも口臭対策のおやつなどをあげた方が良いのかと考えることもあります。歯は犬にとってもすごく大事ですし、愛犬の将来を考えてしっかり口臭ケアや歯磨き等心がけていきたいです。

今はまだ子犬で歯がはえかわっている時期なので特になにも口臭対策はしていません。よくある歯磨きガムなどのおやつのようなものをあげるべきなのか悩んでいます。

皆さんあげているのでしょうか?効果があるのかどうかよくわからないのでまだ一度も買ったことはありません。ですが、良いメーカーや良い商品がわかれば是非試してみたいと思ってます。あとは歯磨きですね。指に指サックのようなものをはめて直接磨いてあげる商品が一番気になっています。

噛みぐせのあるうちの犬にはちょっと難しいのかな?と少し心配ではありますが。直接指で磨いてあげられるので、手触りで歯の健康状態をわかってあげられそうだなと思ってます。

成犬になってドッグフードをまた変える時期が来たら口臭を気になるようになるかもしれないですね。今から口の臭いには注意して良い口臭対策をしていきたいと思います。

私の飼っている犬はかなり口臭がきついです。

女性(20歳)

なぜなら歯を磨いておらず、老犬だからです。食べているものはドックフードやビーフジャーキーなどなので、口臭はかなりそれらの臭いだと思います。ドックフードの匂いは嫌いではありませんが好きでもないので、犬の口臭の匂いは苦手です。

人間の食べるものを与えている家庭の犬はかなり口臭がきついと思います。なぜならいろんな食べ物を与えるからです。毎日歯磨きをしてもらっている犬は、そこまで口臭はきつくないと思います。

私の家の犬も生まれたての頃は歯磨きをしていましたが、途中から全く歯磨きをさせてくれないほど、犬が嫌がるようになってしまったため、10年ほど歯を磨いておらずかなり汚いですが、そのままです。

しかし、犬用の噛むおもちゃや、ガムなどを昔から歯磨き替わりに与えています。特に家族は我が家の犬の口臭は気にしていないので、今後もこのままなのではないでしょうか。

犬の口臭対策として、歯磨きをさせてあげたいです。また、犬用の歯科がありお金と時間に余裕があればそこに通わせたいです。現在は犬用の噛むおもちゃや、かなり硬いガムを与えて歯磨き替わりにしていますが、正直全く効果がないと思います。

歯に歯石のようなものが溜まり、生まれたての真っ白な綺麗な歯ではなく、黄色くなって歯の形が変わってしまっています。もし人間のミントの成分が配合されたようなガムや、犬用の食べ物があれば、犬の口臭がマシになると思います。口腔ケアとしては、舌ブラシも良いと思いますが、犬が嫌がるので実現は不可能だと思います。

また、毎日歯磨きしてあげるのがやはり1番効果的だと思います。それから私の家の犬のご飯のお皿はなかなかしっかり洗えておらず、犬の抜けた毛が入ってしまったりしていますが、そのままドックフードを与えて食べてしまっているので、しっかりお皿を洗って綺麗にしてあげることも口腔ケアになると思います。

歯磨きガムという方法もあります。

男性(26歳)

犬を買っていたことがあるのですが、年を取るにつれて口臭が増していったのを感じました。しかし個人的には、犬の口臭は不快感がありません。食べたものによる影響が大きいのでしょうか。

当時買っていた時の犬は基本的にドライフードを食べていました。ほかには得に変わったものは食べさせていなかったので、口臭が気にならないのかもしれません。人の場合は食べたものによってものすごく臭かったり、逆に何も食べないことによっても口臭が発生したり、そのほかにも虫歯や舌苔、内臓の病気など、様々な要因が口臭へとつながってしまいますが、犬にはそれがないような気がします。

もっとも、飼っていた当時にそこまで意識して犬の口臭について考えたりしたことがなかったので、それに気づくことができなかっただけなのかもしれません。人によっては、そのにおいを敏感に感じ取る体質の人も、もしかしたらいるのかもしれません。

実際に自分が買っていた時には、おやつに歯磨きガムというものを与えていた時期もありました。ものすごくかたい食べ物だったので、噛む回数が増えることで唾液の分泌が盛んになり、口臭予防にもなったのではないかと負います。

まず基本的に、一般的に人がする口臭ケアを犬にも試してみたらどうなるのだろうかと思います。栄養バランスを考え、食生活や適度な運動。もっとこだわってしまえば、歯ブラシで歯磨きした上に、歯石を取ったりするのもありかもしれません。また、個人的に動物は人よりも繊細な部分があると思います。

ゆえに、生活の環境や、飼い主とのコミュニケーションによっても影響が出てくるのかは正直言って気になるところでもあります。他にもぱっと思い浮かぶのはキシリトール。ですがこれには人にもデメリットがあり、多くとりすぎるとおなかが緩くなることがかなり多くあります。

キュアペットの口コミブログを拝見しました。

男性(34歳)

基本的に犬は色々な物を食べたり、外に落ちてる物を食べてしまう事が多い。人間でもなかなか歯を磨く事が億劫で磨かない人もいるのに犬の口臭自体を気にする事がまずは間違っている。

犬には清潔感やキレイさを求めてる訳でなく癒しや、自分が辛い時、しんどい時にそっと寄り添ってくれる、ある意味言葉がわからない分、愚痴が言えたりするのがいい所。だから根本的に口の匂いについてあまりにもおおげさに反応する必要はないと思います。唯一口臭で思うのであれば、体調を管理してた際に何も食べさせてないのに異臭がする場合は何か内臓系の病気や消化系の病気がないかと疑う指針になった事がある。

一時期無臭だったのが納豆の様なアンモニア臭とはまた違った匂いがした時はかなりの期間下痢や嘔吐を繰り返してた。病院では消化系のウイルス炎と言われたのでそういった時にはとても役立った過去がある。

犬の口臭対策や口腔ケアについては、人間の手でしっかり歯磨きをしてあげたりウガイをさせたりするする方法がいいと思います。ガムだけでは、奥歯や細かいところまでケアは出来ないので人間でも使っているオーラルケアのうがい薬とかを使うのも手だとおもう。

あとは食品の中にそういった成分を混ぜたりするのも手ではないかと考える。人間と違い自分で犬は何かをする事が出来ないので、犬が興味ある事にリンクさせて考えるべきだと思う。例えば人間がニンニクなどを食べた後に飲む様なブレスケア的なものをドックフードに混ぜる事を手だと思う。

後は人間が歯ブラシで歯を磨いてあげる事や、口臭の原因である飲み物やドッグフードなどを動物系より食物系の物にしてみるなど、人間がやっているグルテンフリーなども試してみたいと思う。歯や舌の物理的な問題だけでなく身体の中から変えていくという観点も持ってみると面白いと思う。

それとこうしたキュアペットという犬の口臭専用のサプリメントというものがあると、今知りました。やはりインターネットって便利ですね。生の新鮮な情報がダイレクトに入るというのはまさにネットの強みだと思う。

愛犬の口臭・口腔ケア対策にはいろいろな方法がありますよね。

女性(43歳)

犬の口臭や口の臭いに対して、厳しく考える人も多いかと思いますが、動物なので多少の臭いはあり、それは人間よりも強い臭いで当然かと思います。犬が苦手な人はその臭いを理由に挙げる人もいますが、不用意に犬の顔に自分の顔を近づけない、等の対処を行ってほしいと思います。

また、口臭は以外に大事なもので、いつもより匂いがきつい、とか、違う匂いがする等の時は、体調不良の時があり、飼い犬の健康のバロメーターとなることもありました。

我が家は「コーギー」を飼っていて、その愛くるしい姿にはいつも癒されていました。短い手足を投げ出して、床に腹ばいになっている時は、ついつ一緒に横になり、その体に顔をすりつけていました。

お散歩中、私より少し前を歩く後ろ姿は、お尻がぷりぷりと揺れて、なんとも言えない可愛さでした。犬を飼うと講習の問題は多少あるかと思いますが、それを上回る豊かな生活があると思います。” “多少なりともある口臭問題。我が家では、子犬の時から歯磨きを欠かしませんでした。

もちろん犬なので、人間ほどのブラッシングはいらないかと思いますが、奥歯や大きめの歯は丁寧に優しく磨いていました。小さな時から磨いていたので慣れていて、大人しく磨かせてくれました。指にガーゼを巻きつけて、直接歯を拭いたりしてました。

歯石が溜まっている時は、ちょっと硬めの楊枝などで、丁寧に削り落としました。また、ご飯の後には必ず口元を拭く・歯磨きガムも時々ですが与える等の対応をし、いつものご飯に口臭に配慮してあるドッグフードを混ぜたりもしていました。

ミルク系の飲み物は与えてません。虫歯もですが、口周りに毛に付着すると臭いがありそうに感じたからです。あとは、遊ぶ時に使うボールには、でこぼこしたものを使用し、噛んだ時に少しでも歯磨きになるように考えました。

ロープ等も歯磨きになって、おもちゃとしては良いようです。ただ、ウチの子はロープを丸呑みしてしまい、お尻から長いロープが出てくるというサプライズがありました(笑)

本当に愛犬は家族のようなものだなぁとつくづくそう感じております。犬の人間も一緒で高齢になってきますと身体のあちこちから不調がきてしまうことは仕方ないことなのかもしれません。

それでも私たち飼い主ができることは少しでも、その愛犬のためになにができるのかということを常日頃からしっかりと考えていかなければならないということなのです。

犬の口臭;口腔ケア対策にはさまざまなアプローチの仕方があります。こうしたインターネットにより情報がすぐ手元にあるのですから、そうした便利なものも利用しながらさらに家族で愛犬たちと仲良く暮らしていければ最高なんではないでしょうか?

キュアペットもそうしたなかのひとつなのかもしれません。
ぜひ今、この機会にお試しください。

-ペットライフ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シベリアンハスキー年齢、年とってから口臭がきついその原因と解決策

今までに大型犬を2度飼ったことがあるのですが、犬が自分で歩ける時は問題はないのですが、犬が体調を崩して動けなくなった時に、医者に診てもらうために病院に連れていくなど移動させることが大変困難でした。 ま …

高齢の雑種犬の口の匂いもしなくなりました。

女性(35歳) 普段はとてもおとなしく、話しかけると首をかしげたり、人の顔をよく見ていたりするところが愛くるしいです。 また、遊んでほしい時に犬用のおもちゃをくわえてきて遊んでほしいアピールをしてくる …

うちのポメラニアンは老犬特有の口臭の匂いもなく元気です。

女性(28歳) うちでは今、ポメラニアンを飼っています。困ったことは出かけられないことです。今の時期ですと、夏場なので心配なので出かけられないですし、用があるときは一応クーラーをタイマー設定をし外出し …

シーズー犬、年とってから口臭きつい、そうなる前に

女性(50歳) 犬を子供の頃から、ずっと飼いたいと思っておりました。小さい頃は団地に住んでいて、ペットの飼育が禁止されていて、飼うことができなかったのです。 結婚したら犬を飼いたいと思っていて一戸建て …

犬を飼いたい気持ちはあるけれど臭いや散歩が苦手で飼えてません。

女性(37歳) 犬が好きで飼って見たいと思うものの、臭い、散歩、しつけが気になり実際に飼うことができていません。 まず臭いなのですが、犬の体臭が苦手です。 犬を飼っている人で洋服などに匂いがついている …