キュアペット口コミブログ

愛犬のあくびや舐められると生臭い口臭や息の臭さなどで悩んでいませんか?その原因と解決策!!

ペットライフ

愛犬プードル2匹の口臭がきつい原因はキュアペットで解決できた。

投稿日:2018年8月4日 更新日:


女性(26歳)

まず購入にあたり高額な金銭を準備しなけれなならないということ、また動物病院に一回行っただけで何万円とかかりそうでなかなか病院に連れて行ってあげられそうにないなと思い、飼いたいけれどもなかなかその一歩が踏み出せないです。

また夏にはクーラー、冬にも暖房をつけたまま外出しなければならないし、やはり金銭的な不安があります。

それから旅行が好きでしょっちゅう出かけるので、そのたびにペット可の宿泊先を探さないといけないというのも手間で、かといって留守番させておくのも可哀想かなと思います。

いつでも預けられる親戚が近くに住んでいればいいのですが、親戚は遠く、ペットホテルに泊めるのもどう扱われるのか不安だなと感じております。

ヨークシャテリアが好きです。見た目の茶色と黒の色合いが一番の理由です。

見るだけで癒されます。それ以外の理由でいうと、私はアレルギーの出やすい体質ですがヨークシャテリアは毛が抜けにくいとのことで、自分の体と相性がいいかなと思います。

また、ヨークシャテリアの性格もおとなしくて人懐っこいとお聞きしております。
犬を飼ったことが無く、初心者の私でも飼いやすいのではと思います。

それから、子供が万が一生まれても、大きな犬だと心配ですが、これくらいの大きさの犬であればかみ殺すといったこともしなさそうで安心かなと思います。

散歩に行くにも、女の子の力でもリードが引っ張られてけがをしたりという不安もないのではと思っております。

うちでは現在、現在プードルを2匹飼っています。

女性(40歳)

2匹とも甘えん坊で、焼きもちやきなので、2匹を平等に扱わないと必ず喧嘩になります。右手でボールを投げて一匹と遊んでやり、左手でもう一匹をなでてやる、という風に同時並行的に可愛がらなければいけないのが大変です。

散歩が大好きで、雨の日以外は必ず午後の決まった時間に散歩に連れて行けと催促されます。こちらがどんなに疲れていても、風邪を引いていても、犬はお構いなしです。

散歩をしない日はストレスがたまるようで、カーテンを引っ張ったりスリッパをかじったり、いたずらのし放題です。

プードルは垂れ耳なので外耳炎になりやすく、しょっちゅう獣医さんにお世話になっています。病院代もバカになりません。

もうとにかくプードルが好きです。特にティーカップ・プードルは、成犬になってからも子犬のような可愛らしさで、抱っこしているだけでも、とても癒されます。軽いですし。

私は大人になってから咳喘息になったので、毛の抜けにくいプードルでないと飼えません。お掃除をしても、犬の毛がモップに付いたことがないですし、洋服に毛がついたこともないです。

あとは、プードルは人間が大好きな犬種なので、しょっちゅう「構って~」と自分からすり寄ってきます。私がソファで横になっていると、必ず私の体のどこかに自分の体を密着させて一緒に寝ます。
以前に飼っていたポメラニアンは、用事のないときは玄関で一匹で寝ていたりして、割とツンデレなところもあったので、プードルの甘えたがりなところが好きです。

にしても最近、口が臭いんですよね。いや私ではなくて、うちのプードルを2匹がです。笑
それでもキュアペットをドッグフードに混ぜてあげてからは口臭もしなくなって本当にキュアペットにはお世話になりました。ありがとうございます。

ペットとして飼われている犬は、家族の一員です。

女性(40歳)

ぴったりと家族に寄り添い、スキンシップも多く、まるで恋人のように本当に近距離です。人間の体の上に乗って顔をじっと見つめたり、顔へ寄ってきてぺろぺろ舐めてきたりもします。ですので唾液や口の臭いは非常に気になるところです。

ですが、犬の口の臭いは思いのほか強烈です。特に、ご飯を食べた後や犬自身の体のあらゆるところを舐めた後。また、犬は体温調節をする上で、口からハアハア息をすることも多いです。大量のヨダレを垂れ流してしまう大型犬もいます。

相手が人間であれば、口が臭いという原因を伝えられますが、キラキラした瞳でスキンシップを求めてくる可愛い犬を、口の臭いが強烈で思わず拒絶してしまうことになれば、言葉の通じない大事な家族との間に亀裂が生まれてしまうことにもなりまねません。衛生面はもちろんのことですが、人間が口臭対策や口腔ケアをするのと同じように、口臭対策や口腔ケアは大事なことだと思います。

犬は虫歯になることは少ないようですが、歯石からの歯周病になることは多いようで、犬用のガム、歯ブラシやハミガミシートもたくさん市販されています。

歯ブラシは、ブラシタイプ、指にはめるタイプ、シートタイプなどがあります。まずブラシタイプは、磨きやすそうですが初めてで大人しく歯磨きさせてくれることは難しいです。なるべく柄が柔らかいもので、ブラシ部分も犬の口のサイズに合ったものを選ばないといけません。

指にはめるタイプのものは、シリコン素材のものでブラシが付いているものよりも、布のものの方が嫌がりません。素材が硬いとブラシタイプと同じように嫌がります。シートタイプのものは、シートに香料や薬品が付いているので、匂いに敏感な犬は嫌がりますし、すぐに破れたりもするので、便利そうで使いにくいです。丈夫なものだったら一番良いと思います。

最近では犬用のマウスウォッシュやサプリなどもありますが、体への影響が不安なので、今は歯磨き用の犬用ガムと、指にはめるタイプの布のものを併用しています。シートタイプのものも都度色々試しています。歯みがきに慣れてきたら、しっかり磨けそうなブラシタイプもまた練習してみるつもりです。

そしてさらにキュアペットであれば、さらになおよしかと思います。まだの方はぜひキュアペットを試してみてもよいかもしれませんよ。

私は犬の口臭をあまり気にしたことがありません。

女性(24歳)

いとこやご近所の犬と触れ合ったり、何度か預かったりしてきましたが、話に聞くような臭いを感じたことはありませんでした。実家はかなりの田舎で、長ーく伸ばしたリードで放し飼いに近い状態の子が多かったので、動きまわれる環境は犬にとってストレスが少ないのかな…と思います。

私がまだ小さい頃、散歩の時間になると放し飼いにされていた近所の老犬がいたのですが、魚やニボシを食べてきたのかなと思うような臭いがしました。

今思えば体調が悪いか、十分な手入れをしてもらえなかったのだとおもいます。いつもその時間になると家へやってきて、エサなり水なり食べて帰っていました。

あの時は触れ合える嬉しさから病気かもしれないなんて微塵も思いませんでしたが、いつかお迎えしたいと思っている以上しっかりと愛犬と向き合い、細やかな変化も見逃さない観察力を持ちたいと思います。

試してみたいことは…散歩のルートを長くする、散歩の回数を増やす、広いドッグランで目一杯運動させてあげるなどで運動不足から来るストレスへの対策です。

たくさん遊んでたくさん食べて疲れたらぐっすり眠る…人間にだって必要なこれらのことをきちんと一緒になってやれる、そんな生活を目指したいですね。愛犬の身体にあった食材選びや量など内臓面の健康にも配慮できる知識を身につける、ストレスをためないように触れ合う時間を多くとることも心がけたいです。

歯磨きガムや歯垢対策のドッグフードをいとこが使っていたので、私もいつか使ってみようと思います。

あとは些細なことでも日記などに毎日書いて愛犬の様子を目に見えるかたちでちゃんと残しておくこと、少しでも気になったことはかかりつけの医師に相談すること等、小さな積み重ねを見逃さない観察力を養いたいです。

実際にお迎えすればうまくいかないことも多いとは思いますが、これからも勉強を続けたいとおもいます。

-ペットライフ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウェルッシュコーギーの口が臭いと言われるその前の予防策!!

女性(49歳) 中学2年生、14歳から13年間犬を飼っていました。愛犬の死が悲しすぎて、もう二度と、犬は飼わない・・・と思っていたのですが、実はまた飼いたい・・・と思い始めてから15年ほど経ちます。で …

ミックス犬は賢い?性格もよい?身体の丈夫って本当?高齢になって口臭は?

家族との家族旅行やちょっとしたお出かけの時、我が家の愛犬は必ず何処にでも車同伴します。夏場は車のクーラーでエンジン切れない為、家族誰かが車内に愛犬と留守番になります。 可愛い愛する家族ですから当然なの …

高齢のチワワに舐められると臭い口臭がきついあくびも魚臭い原因

現在、うちでは都内在住でチワワを飼っています。 とても可愛く愛おしいです。飼っていて困った事は特にありません。 どんなにしんどくても散歩にいき、どんなに遅くても終電までには帰ります。 一番困っているこ …

ブルドッグ年とってから口臭がきつい息が臭いとそうなる前にコチラ

男性(56歳) 私が犬を飼っていたのはもう40年以上前のことです。現在の家(マンション形式)に引っ越す前は一軒家だったので、両親が大家さんの了承を得て犬を飼えたのです。 当時の私は大変な臆病でしたから …

シベリアンハスキー年齢、年とってから口臭がきついその原因と解決策

今までに大型犬を2度飼ったことがあるのですが、犬が自分で歩ける時は問題はないのですが、犬が体調を崩して動けなくなった時に、医者に診てもらうために病院に連れていくなど移動させることが大変困難でした。 ま …